森と木の研究所に国土緑化推進機構の助成が2件決定しました。

平成30年度事業として助成の決定した活動は「入来浜海岸防災林保全活動」と「子供とミツバチの森づくり活動」です。

森林整備活動を行う日置市入来浜の森海岸防災林

森林整備活動を行う日置市入来浜の森海岸防災林

入来浜の海岸防災林は、飛砂防備保安林と保健保安林の国有林での日置市入来浜集落の海岸前線にあります。かねてから集落の自治会で自ら保全活動を行っていましたが、当研究所と協働で保全活動を行うことになりました。

ここでは、保健保安林であることから、森林整備のみならず遊歩道やウッドデッキの設置なども計画されています。

ミツバチの森づくりを行う馬事公苑の森

ミツバチの森づくりを行う馬事公苑の森

かねてから当研究所に鹿児島県養蜂協会から要請のあった蜜源樹の森づくりを国土緑化推進機構の助成を受けて実施することになりました。

活動は南九州市の馬事公苑において養蜂協会の会員と協働で実施することとしています。

森と木の研究所にフィランソラピー協会の助成が決定しました。

対象となった馬事公苑の森

対象となった馬事公苑の森

日本フィランソラピー協会から平成30年度の森林整備活動に対して助成金が交付されることになりました。

この助成制度は、通常の公募事業と異なり、助成者のほうから助成対象を選択して助成するものです。かねてからの本研究所の活動が評価されたことは非常に喜ばしいことだと思います。

助成者の期待に添えられるようさらに活動を進めていきたいものだと思います。

馬事公苑の森が森と木の研究所のボランティアフィールドに

馬事公苑の森

馬事公苑の森

南九州市の馬事公苑の森は、平成29年度から特定非営利活動法人馬の家族がその全域を南九州市から借用し、利用しているところですが、この度、その森林部分について森と木の研究所が借用し、森林整備を進めることが市から許可されました。

当研究所としては、ボランティアフィールドとして今後の活動を進めていきたいと考えています。早速今年は、フィランソラピー協会の森林整備活動、国土緑化推進機構の活動及び森林環境税関係事業のフィールドとして活用していく計画です。

伊佐市で竹細工教室を開催します

竹細工教室

様々な竹製品

○竹細工教室

身近にある竹を使用して、ざる等の日用品の作り方を学ぶ教室です。

開催日

7月18日(水)
7月26日(木)
8月2日(木)
計3回

時間

9時~16時

場所

大口ふれあいセンター工作室

対象者

伊佐市民で、3回全て参加できる方

定員

先着20名

参加費

無料

申込方法

電話でお申し込みください

申込期限

6/29(金)

申込・問い合わせ先

林務課林政係 ☎23-1311

○竹芸技術者養成講座

本格的に竹芸技術を習得するための講座です。伐竹から、竹の加工、竹製品の製作まで行います。

開催日

7月~12月 各月2回 計12回
(毎月第1・第3土曜日)

時間

9時~16時

開講式

7月7日(土)

場所

大口南中跡地

対象者

伊佐市民

定員

5名
※選考の上、受講者を決定します。

参加費

無料

申込方法

電話でお申し込みください

申込期限

6/29(金)

申込・問い合わせ先

林務課林政係 ☎23-1311

伊佐市忠元公園駐車場横の竹林に竹穂垣を設置しました

竹穂垣

忠元公園駐車場横の竹林に設置された竹穂垣

この竹穂垣は、現在伊佐市が進めている竹資源利活用推進事業の一環として忠元公園駐車場横のモデル竹林との境界に、平成30年2月末に設置されたものです。

竹穂垣は京都の嵯峨野などでみられる垣根ですが、鹿児島においても、かつては農家の垣根としてこのようなものがみられたものです。しかし、結構手間がかかるため、近年は県内でもほとんど見られなくなりました。

設置工事は当森と木の研究所のメンバーである岸野さんの青楓緑化株式会社が行いました。人手を要し、手間がかかりますが、竹林や公園などの景観ともよくなじみ、しっとりとした美しさがあります。

平成30年度はさらにあと30mほど延長する計画で、地域の人達へ竹穂垣製作の講習会も開催出来たらと考えています。

伊佐市忠元公園駐車場横の竹林に竹穂垣を設置しました

竹穂垣

忠元公園駐車場横の竹林に設置された竹穂垣

この竹穂垣は、現在伊佐市が進めている竹資源利活用推進事業の一環として忠元公園駐車場横のモデル竹林との境界に、平成30年2月末に設置されたものです。

竹穂垣は京都の嵯峨野などでみられる垣根ですが、鹿児島においても、かつては農家の垣根としてこのようなものがみられたものです。しかし、結構手間がかかるため、近年は県内でもほとんど見られなくなりました。

設置工事は当森と木の研究所のメンバーである岸野さんの青楓緑化株式会社が行いました。人手を要し、手間がかかりますが、竹林や公園などの景観ともよくなじみ、しっとりとした美しさがあります。

平成30年度はさらにあと30mほど延長する計画で、地域の人達へ竹穂垣製作の講習会も開催出来たらと考えています。

あなたの所有竹林を整備し、タケノコ生産林へ転換しませんか

放置竹林の古竹の伐竹、本数の整理など竹林の改良を行うことにより、毎年安定したタケノコ生産が持続できる竹林へと誘導することができます。

竹林改良されたタケノコ生産林では、
1 希少価値のある青果用早掘タケノコの生産
2 持続的な収入が期待できる加工用タケノコ生産
が可能となります。

竹林整備を継続することにより、数年間で毎年安定した収入に結びつくことが期待されます。

国産タケノコは、市場から底堅い需要と人気があり、タケノコの安定的な供給が求められています。

竹林改良に当たっては多くの資金は必要ありません。あなたの所有する放置竹林を整備し、経済的に価値の高いタケノコ生産林へと転換しませんか。

改良されたタケノコ林

改良されたタケノコ林

加工用水煮タケノコ工場

加工用水煮タケノコ工場

伊佐市では竹林整備推進協議会を設置し、竹林整備研修会、竹林整備実施グループの育成、タケノコ生産モデル竹林の整備などの事業を実施しています。あなたも参加しませんか!!


◎ 青果用、加工用タケノコは下記の事業所で定期的に集荷、買い上げています


◇ 青果用・加工用タケノコの取扱

・「JA北さつま」:さつま町周辺の各拠点で定期的に集荷 ℡ 0996-53-1387

◇ 加工用タケノコの取扱

・(有)北薩農産加工場    ℡ 0996-53-1709

・(有)さつま食品      ℡ 0996-57-1777

【連絡先】

伊佐市役所林務課(菱刈支所) 0995-23-1311(代)

吹上入来浜にスギの展望台ができました

入来浜若宮神社の境内にできた展望台

入来浜若宮神社の境内にできた展望台

同時に完成した木柵とウッドデッキ

10月から県の木のあふれる街づくり事業と日置市の助成で進められていた進められていた若宮神社境内の県産スギ製展望台、ウッドデッキ、木柵が完成しました。

これらの施設は、地元の入来浜自治会と特定非営利活動法人森と木の研究所が協働して建設したものです。企画、設計、コンクリート基礎、組み立て、塗装などすべての工程にわたって両団体の共同作業で進められ、完成の喜びもひとしおです。

現地は吹上浜、東シナ海を望む景勝の地で、夕日の展望などインスタ映えする写真撮影に最適の場所として、今後、地域の名所として多くの市民の来訪が期待されます。

基礎工事の様子

基礎工事の様子

生コンの打設

生コンの打設

台風22号の吹き返しの中で組み立て

台風22号の吹き返しの中で組み立て

基礎の巻き立てコンクリート

基礎の巻き立てコンクリート

座り込んで塗料塗り

座り込んで塗料塗り

展望台の上も

展望台の上も


ペンキ塗りに活躍した入来浜自治会と森と木の研究所の面々

ペンキ塗りに活躍した入来浜自治会と森と木の研究所の面々


伊佐市内の竹林で生産した竹材を買い取ります

伊佐市の竹林所有者の約6割の方は竹林を放置されています。竹林整備を進め、竹材を有利に販売しましょう。自分でできない方は、伊佐市林務課までご相談ください。地域には竹チップ工場や竹材を専門的に扱う会社があり、竹材の需要は安定的にあります。竹材は下記の価格で取引されています。

○竹チップ用の竹材は

2m材:7,100円/トン

3m材:7,300円/トン

この価格に加え、伊佐市は1トン当たり1,500円を助成しています。

 (平成30年3月31日まで)

竹チップ材の受け入れ

菱刈木材工業(株) 0995-26-0070

*受け入れは菱刈木材工業湧水工場までお願いします。

○長材の竹材は

カキ養殖用の筏材、竹細工用材など多様な用途

400~500円/本

竹材の受け入れ (有)老谷竹材 0995-74-3444

[連絡先] 伊佐市林務課 0995-23-1311
特定非営利活動法人森と木の研究所 099-264-1883

伊佐市の竹資源利活用推進活動(山村活性化支援交付金事業)をお手伝いすることになりました

伊佐市では、平成28年度から国の山村活性化支援交付金事業により竹資源利活用推進活動に取り組んでいますが、今年度からこの活動を森と木の研究所がお手伝いすることとなりました。

この活動は、伊佐市の約273haに及ぶ竹林の竹資源を生かし、地域の活性化に結び付けようとする活動です。竹林整備を進めることによって竹材やタケノコの竹資源の有効活用を図り、山村の現金収入の手段とするとともに景観に優れた美しい地域づくりを進めていこうとするものです。

森と木の研究所では、この活動の全体的な推進を図るため、竹資源利活用推進アドバイザーを設けるとともに竹林整備の担い手となる組織づくりおよびその研修などを行うこととしています。さらに市民に竹への関心を持っていただくための広報活動やイベントの開催を行うこととしています。

伊佐市大口忠元公園横の竹林写真

伊佐市大口忠元公園横の竹林写真


森と木の研究所の平成29年度の総会が開催されました

森と木の研究所は、平成23年に設立されましたが、満5年が経過し、その節目となる総会が平成29年7月17日、鹿児島市のよかセンター会議室で開催されました。

当日は会員13名のうち、12名が出席し、大坪代表理事の挨拶の後、平成29年度の活動などについて審議が行われました。

平成29年度は、市町村林務担当職員研修のほか、新たに、枕崎市妙見の森で実施する都市緑化機構の助成事業や伊佐市の竹をテーマとした山村活性化交付金事業への取り組みなどについて説明がありました。

また、総会後は、ホテルユニオンに会場を移し、ご婦人方も参加して懇親会が開催され、和やかな雰囲気の中で情報交換が行われました。

鹿児島市喜入淵田坂のヤマザクラ

鹿児島市喜入淵田坂のヤマザクラ

平成28年度活動の一つ「妙見の森整備活動」写真

平成28年度活動の一つ「妙見の森整備活動」写真

平成28年度の活動実績

事業内容等 実施日時 実施場所 受益対象者の範囲人数 支出額(千円)
・妙見の森に親しむ会より委託を受け、枕崎市妙見の森において「妙見の森を桜の名所にしよう」のスローガンのもとに地区の住民や桜山小学校の児童併せて110名の参加者とともにヤマザクラの植栽などの森林整備活動を行った。実施当たっては、公益財団法人かごしまみどりの基金から70%と枕崎市緑推進協議会から30%の助成を受けた。
新植ソメイヨシノ20本、ヤマザクラ20本、クヌギ40本他
1月21日 枕崎市
妙見の森
地区の住民や桜山小学校児童等110名 350
・国土緑化推進機構の助成を受け、土地改良区の会員と一体となって大浦干拓防風林の整備活動を実施した。
新植 クロマツ200本、ウバメガシなど500本
防風垣 105m
12月4日 南さつま市大浦干拓防風林 大浦干拓土地改良区等45名 636
・市町村林務担当職員研修
市長会、町村会および流域林業活性化協議会等と協議を重ね、平成28年11月7,8日及び平成28年4月20,21日に鹿児島県市町村行政推進協議会との共催事業として実施した。
林務行政講座 平成28年11月
森林林業講座 平成29年4月
11月7、8日
4月20、21日
自治会館
自治会館
受講者21名
受講者24名
141
・木のあふれる街づくり事業
県環境税事業を使用して県産スギ材による園芸用品ストッカーを開発し、県木材まつりで公開展示した。
10月~11月 大和木材株式会社 県民 205
・肝付町立岸良中学校の生徒を対象に肝付町内之浦のバイオマス施設と木材加工施設の現地学習及び岸良中学校において森林環境学習及び木工教室を実施した。実施にあたっては森林環境税事業を活用し、大隅地域振興局林務水産課の協力を得て実施した。
・南九州市立青戸小校庭にある樹木を調べ樹名板を立てる学習を行った。
また、南九州市別府の広葉樹林伐採跡地においてクヌギ40本とヤマザクラ40本を植える体験活動を実施した。
11月12日
12月1日
1月12日
肝付町
山生産業
肝付町立岸良中学校
青戸小学校
岸良中学校1、2、3年生8名
青戸小学校4年生など22名
青戸小学校4、5年生19名
382
・県環境税事業森林の体験活動支援事業により平成28年10月22,23日に開催された木材まつり会場においてにおいて木工教室を開催した。
・県環境税事業森林の体験活動支援事業を活用して、鹿児島市の県環境の森において森林の中で食べ物を探し、料理などを体験する森の生活体験学習を実施した。
10月22、23日
11月27日
県民交流センター
鹿児島市花尾町環境の森
県民300名
公募県民4家族
330
・枕崎市妙見の森において向こう3年間にわたって活動を展開する「妙見の森を桜の名所にするプロジェクト」が、公益財団法人都市緑化機構から採択され、助成を受けることとなり、その準備業務を行った。 5月18日
目録贈呈式
枕崎市妙見の森
目録贈呈式
東京都中央区
地域の市民 145
合計 2,190

平成29年度の活動実績

事 業 名 事 業 内 容 等 予算額(千円)
森林の整備・保全及び活用を図るための事業 ・平成29年度の国土緑化推進機構の助成を受け、南さつま市大浦干拓において、市民参加のもと森林整備活動を実施する。
新植クロマツ300本、ウバメガシ等500本植栽
防風垣100m
800
林業の振興及び国産材利用推進を図るための事業 ・市町村林務担当職員研修
市町村林務担当職員の資質向上を図るため、平成30年4月に鹿児島県市町村行政推進協議会等との共催事業として実施する。
森林林業基礎講座 平成30年4月
場所 鹿児島県自治会館
150
・県森林環境税事業(木のあふれる街づくり事業)を活用して日置市吹上町入来の若宮神社境内に、モデル施設として展望台、ウッドデッキ、木柵を整備する。 2,000
・伊佐市から山村活性化交付金事業の委託を受けて、竹林の利活用推進のためのアドバイスやイベント開催などの活動を行う。 3,000
環境緑化を推進する事業 ・肝付町立岸良小中学校PTAからの委託を受けて小中学生を対象とした植樹などの森林環境学習を実施する。 対象校 肝付町立岸良小中学校 200
・県環境税事業森林の体験活動支援事業により「森林・林業と県民をつなぐ活動」を実施する。
(1)遊びながら森林を学ぶ活動
鹿児島市の県環境の森において森林の中で食べ物を探し、料理などを体験する森の生活体験活動を実施する。
実施場所 鹿児島市花尾町環境の森
子供を中心に30名
(2)県産材を使用した木工教室
県民交流センターで開催される木材まつり会場において木工教室を開催する。
450
・枕崎市妙見の森において、公益財団法人都市緑化機構の助成を受け、地区住民、小中学生とともにヤマザクラなどの植栽活動を実施し、桜の名所づくりを行う。 450
事業費計 7,050
管理費 ・法人の運営に必要な事務作業等の業務実施。
・みどりの基金の実施する活動参加。
・市町村からの委託事業等の実施。
532
合計 7,582

法に基づく貸借対照表の公告

平成29年6月30日現在

特定非営利活動法人森と木の研究所

科目 金額(円)
Ⅰ資産の部
 1流動資産
 現金預金 1,777,128
 流動資産合計 1,777,128
 2固定資産
 固定資産合計 0
資産合計 1,777,128
       
Ⅱ負債の部
 1流動負債
 前受金 248,000
 流動負債合計 248,000
 2固定負債
役員借入金 500,000
固定負債合計 500,000
 負債合計 748,000
Ⅲ正味財産の部
  前期繰越正味財産 834,161
  当期正味財産増減額 194,967
 正味財産合計 1,029,128
 負債及び正味財産合計 1,777,128

鹿児島県森林環境税事業の助成が決定しました

昨年の森林の体験活動の様子

昨年の森林の体験活動の様子

平成29年度の県森林環境税関係事業(森林の体験活動支援事業)において、「県木材まつりにおける木工教室と鹿児島市の環境の森での森の遊び」の活動への助成が決定しました。

この活動は、森と木の研究所が毎年実施しているもので、これまでの活動内容や毎年多くの県民に参加いただいていることなどが評価され、連続して支援いただくことになりました。

また、当研究所が実施している肝付町立岸良小中学校の森林環境教育に対しても3年連続で助成されることが決定いたしました。

これも多くの県民からの支援の賜物であると感謝すると同時に、事業実施の責任を痛感しているところです。

昨年の岸良中学校の木工教室の様子

昨年の岸良中学校の木工教室の様子

南さつま市大浦干拓の防風林整備を行う国土緑化推進機構の助成が決定しました

昨年の植樹活動の様子

昨年の植樹活動の様子

森と木の研究所では、平成27年度から南さつま市大浦干拓の防風林整備活動を地元の大浦干拓土地改良組合や地域の方々と行ってきました。この活動は、毎年、国土緑化推進機構の支援を受けて実施しているところですが、今年も同機構から事業承認を受け実施することになりました。

特に、今年は、無立木地もあり、松くい虫抵抗マツ400本やシャリンバイなど500本を植栽します。日程等決まりましたらホームページで公告いたしますので、近くの方は植樹活動にご参加ください。

昨年の参加者 後方が大浦干拓防風林

昨年の参加者 後方が大浦干拓防風林

森と木の研究所が都市緑化機構の助成を受けることになりました

森と木の研究所が、公益財団法人都市緑化機構の「2016年度花王・みんなの森づくり活動」の助成を受けることになり、5月18日、東京茅場町「花王株式会社」本社であった目録贈呈式に代表理事の大坪弘幸と講師の寺師健次が出席しました。

この活動は、「妙見の森を再生し桜の名所とするプロジェクト」という活動名で枕崎市の妙見の森の整備を地域の人々とともに実施しようとするものです。

既に、平成28年度は緑の募金事業で活動を実施したところですが、今後3年間にわたり当プロジェクトが都市緑化機構から助成されます。「花王・みんなの森づくり活動」は、毎年一般公募されますが、平成29年度は、森づくり活動分野で67団体の応募がありそのうち11団体が採択されました。

先に森と木の研究所が助成を受けたトヨタ財団の活動助成同様に、大変狭き門となっていますが、プロジェクトの内容が評価されたことは、大変名誉なことであると同時に当研究所の活動に対する皆さん方のご理解の賜物であると感謝いたします。

助成目録贈呈式の記念撮影

助成目録贈呈式の記念撮影

贈呈式におけるプロジェクト内容のプレゼン

贈呈式におけるプロジェクト内容のプレゼン

花王株式会社石渡執行役員から目録を受領

花王株式会社石渡執行役員から目録を受領


平成28年度妙見の森整備活動写真

平成28年度妙見の森整備活動写真

ガーデンストッカー、大型プランターを開発しました。

ガーデンストッカー、大型プランターを開発しました

ガーデンストッカー
大型プランター

森と木の研究所では、平成28年度森林環境税事業の「木のあふれる街づくり事業」で写真のような自分で組み立てる「ガーデンストッカー、大型プランター」を開発しました。

このガーデンストッカー、大型プランター柵は、ホームセンターなどで販売されているプラスチック製に比べ見た目にやさしく景観的に優れたものです。また、すべて県産のスギ材を使用して構成されており、林業振興、地域振興の点や環境負荷の点からも意義のある商品となっています。

研究所で開発し、株式会社大和木材で販売します。

株式会社大和木材(鹿児島市郡山) 099-245-7048

規格寸法 県産スギ材使用 防腐防虫処理済 たて30cm,横30cm,幅 50cm

値段 ガーデンストッカー 4,200円

   大型プランター  3,200円

人にやさしいスギ丸太A字柵を開発しました。

鹿児島市健康の森公園

鹿児島市健康の森公園

森と木の研究所では、平成27年度森林環境税事業の「木のあふれる街づくり事業」で写真のような「スギ丸太A字柵」を開発しました。

この柵は、ガレージ、公園及び工事現場などで使用する木製の柵で、従来の鋼管製やプラスチック製に比べ見た目にやさしく景観的にも優れたものです。

また、すべて県産のスギ材を使用して構成されており、林業振興、地域振興の点や環境負荷の点からも意義のある商品となっています。

研究所で開発し、株式会社大和木材で販売します。

株式会社大和木材(鹿児島市郡山) 099-245-7048

規格寸法    県産スギ材使用 防腐防虫処理済、塗装仕上げ

        丸棒径 8cm 丸棒高さ70cm

値段1組当たり 1.5m  4,800円  送料別途

        2.0m  4,900円

        3.0m  5,000円

        4.0m  5,200円

ガレージ 子供の飛び出し防止

ガレージ 子供の飛び出し防止

公園

公園

建物入口

建物入口

工場の入り口

工場の入り口


「かつおぶしの森づくり」のDVDができました 無料で配布しています

「かつおぶしの森づくり」のDVDができました 無料で配布しています

地域産業の振興に役立っている里山の働きと里山づくりの活動を映像化した「かつおぶしの森づくり」のDVD(13分)を制作しました。

当研究所では、平成25年から鰹節の生産に不可欠の広葉樹の薪が、将来に渡って安定して供給できるようにするための広葉樹資源を確保するプロジェクトを、トヨタ財団の支援を受けて進めてきましたが、その「かつおぶしの森づくり」活動の様子や意義などについてKKBの協力で映像化したものです。この内容は、すでに3月14日にKKBから放映されるとともにDVDは、南薩地域のすべての小中学校に配布されたところですが、このDVDをご希望の方に無料で差し上げます。

連絡先 099-264-1883 森と木の研究所

一体型テーブル・ベンチセットの開発

平成26年度「木のあふれる街づくり事業」の「木製品の開発及び普及」でテーブル・ベンチセットを開発し、くにの松原や県の広域公園に展示しました。

このテーブル・ベンチセットは研究所の開発委員会で考案し、県産のスギ材を使用して南薩木材加工センターで製材・防腐処理、大和木材で加工した製品で、特別に技術の無い市民でも電動ドリルのみで組立てられるようになっています。

完成品は、くにの松原と大隅、北薩、南薩の各県立広域公園でチラシとともに展示していますのでご覧ください。

なお、この組立キットと塗装済の製品はアウトドアの必須アイテムとしてご利用いただけるよう大和木材で販売致します。

株式会社大和木材 鹿児島市郡山 099-245-7048

キット価格24,800円   完成製品価格42,000円

開発したキット

開発したキット

キットの組み立て

キットの組み立て


キシラデコールで塗装して完成

キシラデコールで塗装して完成


くにの松原キャンプ場に展示しています。チラシはキャンプ場事務所まで。

くにの松原キャンプ場に展示しています。チラシはキャンプ場事務所まで。


ページの先頭に戻る